シンガポール 泥酔男性が自分で自分を切りつける!

自分で自分をナイフで切りつけた泥酔男性!辺りは血の海に。

9月3日夜、Ang Mo Kioの建物内で、飲み会で泥酔した56歳男性がナイフで自分の足を切りつけたのだという。

何故自らの足を切りつけたのか、その理由は明らかにはなっていない。

男性は酔っぱらいながら病院での手当てを受けるのではなく警察に助けを求めるように友人にしきり言っていたのだという。

結局男性は病院へ搬送され、手当てを受けたということだ。

男性がいた場所には真っ赤な血の海が残されていた。

真っ赤な血の海を誰が掃除するんだろう?

自分で自分の身体を切りつけるのもおかしいし、病院の手当てを断って警察を呼んでほしいなんて、相当酔っぱらっていたとしてもそんなこと言う?不思議だwww

ソーシャルディスタンスを守っていなかったとか、マスクをしていなかったとか、後からあれこれと罪がかぶさってきそうだね。

He refused to seek medical treatment after injuring himself, so his friends called the police for help instead.

Stompさんの投稿 2020年9月6日日曜日

0/5 (0 Reviews)

コメントを残す

Your email address will not be published.