シンガポール 一度は殺人罪で告発された被告に懲役5か月!

オーチャードタワーで発生した殺人事件で被告の一人に5か月間の懲役刑が言い渡された。

この事件は昨年7月にオーチャードタワーで31歳の女性が襲われ、搬送先の病院で死亡したもの。

今回判決を受けた24歳女は当初、殺人罪で告訴されていたが減刑され、暴行罪が適用された。

もう一人の28歳女は殺人罪で告訴されたままだとのこと。

暴行罪には2年以下の懲役刑及び5000ドル以下の罰金刑が科せられることとなる。

この被告は被害者に対して暴行はしたけれど、それが直接の死因にはつながっていなかった、ということだったのかな?

もし殺人罪が適用されれば死刑若しくは良くても終身刑なのが懲役5か月になったなんて、随分な減刑だね!

被害者が結果的に死亡したことも鑑みての判決なのだろうか?

そして、もう一人の加害者の方には殺人罪が適用されるのだろうか?

She was originally accused of murder, but the charge was later reduced.

Stompさんの投稿 2020年10月8日木曜日

コメントを残す

Your email address will not be published.

Previous Story

シンガポール 偽ブランド品取引で38歳男を逮捕!

Next Story

シンガポール バス同乗者のありえない行為!

Latest from シンガポールニュース