シンガポール 未成年少女を身障者トイレに連れ込んでわいせつ行為!男に更生トレーニング!

13歳少女を身障者トイレに連れ込みわいせつ行為を行った男に更生トレーニングの実施が言い渡された。

2019年当時19歳だった男は、13歳の少女とSNSを通じて知り合いになり、メッセージのやり取りをするようになった。

男は少女にいわゆるBDSMの写真家だと言い、その写真を撮らせてもらえるよう申し出ると、彼女はそれに応じたのだという。

2人が写真を撮るためにショッピングモールにある身障者トイレの中に入ると、男は少女に目隠しをし、手を縛って彼女の身体を触り始めたのだそう。

少女はその行為にショックと嫌悪感を感じたというが、危害を加えられることを恐れて助けの声を出すことができなかったそうだ。

身障者トイレを占領してそんなみだらな行為に及ぶなんてね。

本当に身障者トイレを使いたい人がこんなことする人たちのために使えないの、許しがたい。

BDSMの写真家で写真を撮らせて、って言ってる時点で十分に怪しいよね。

He had claimed to be a photographer who snapped what he described as "risky" pictures of scantily clad women. He offered to take such photos of her.

Stompさんの投稿 2021年1月28日木曜日

コメントを残す

Your email address will not be published.

Previous Story

シンガポール ネットショッピングで届いたあり得ない商品!

Next Story

シンガポール 退職した職場から誤って振り込まれた給与を使い込み!元看護士に懲役刑!

Latest from シンガポールニュース

シンガポール 15歳、16歳少女2人が飛び降り自殺!

少女2人が連れ立って飛び降り自殺! 4月3日夜、Toa Payohにある建物で若い女性二人が頭から血を流して倒れているのが発見され、その場で死亡が確認された。 2人は15歳と16歳で、親しい友人同士だったということだ。お