シンガポール80歳女性エレベーターで手を切断

Taman JurongのTah Ching RoadにあるHDB住宅で、80代の女性の手がエレベーターに挟まり手を切断するという重傷を負った。

This is the lift in Taman Jurong where an elderly woman was found stuck with her left hand severed by the doors. It’s believed that the hand was packaged in ice by paramedics and taken with her to NUH. http://bit.ly/1jSrBBz

(Video: Ngau Kai Yan)

Posted by Channel NewsAsia on Friday, October 9, 2015

 

女性は犬の散歩から帰宅したところでエレベーターに乗ったのだが、突然ドアが閉まり手をエレベーターに挟まれる状態になった。

エレベーターに手を挟まれた状態で、エレベーター内に閉じ込められた女性は、SCDFによって救出されたが、女性の手は切断され救急隊員は手を氷で冷やし、そのまま病院に搬送された。

このHDB住宅に住む住人によると、以前にも誤作動をおこしたことがあり、階を飛ばして運転したり、ドアが開かなくなって中に閉じ込められたこともあったと話していた。切断された女性の手は手術でくっつけられるかどうかはわかっていない。

エレベーター事故を聞くと、乗るのは必要最低限にして乗るの控えようかなんて思うんだけど…思うだけで、結局自分に勝てず毎日利用しているw

でも怖いね、やっぱり。

調査結果、エレベーターは正常に動いてた

これはビックリ!!

どーせエレベーターが古そうだから、非はエレベーター側にあるかなと思ってけど、、

異常はなく、エレベーターには非がなかったのである。

そして実はこう起きたのではないかの動画をどうぞ。

Tah Ching Road lift accident: A reconstruction of the incident that caused an 85-year-old woman to lose her hand. http://bit.ly/1Su0iJl

Posted by Channel NewsAsia on Friday, November 6, 2015

 

http://news.asiaone.com/news/singapore/doctors-decide-if-elderly-womans-severed-hand-can-be-reattached

 

コメントを残す

Your email address will not be published.

Previous Story

シンガポールドローン配達実用化に向けて

Next Story

これがシンガポール人気の整形加工アプリっぽい

Latest from シンガポールニュース