シンガポールニュース

シンガポール 外国人労働者に客との性交渉を強要!経営者に懲役刑!

従業員ダンサーに客と性交渉させようとした男達に懲役刑!

クラブを経営する60歳と46歳の男は、バングラディシュ出身の女性外国人労働者をダンサーとして雇った。

男達は彼女たちに対し、店の顧客と性交渉を持つように命じたのだそう。

クビになるのを恐れその命に嫌々ながらも応じ、その報酬を男たちに手渡した女性もいた一方で、どんなに札束をチラつかされても断固拒否を続けた女性も。

断固拒否した女性らに対し、男達は殴るなどの暴行を加えた。

彼女たちは同胞の協力を得て大使館に訴えを起こした。

男達にはそれぞれ19ヵ月と16か月の懲役刑、及び2500ドルと11000ドルの罰金刑が言い渡された。

最悪だね!完全にパワハラじゃないか。

無茶な命令に応じざるを得なかった人もいたんだね。

被害者が団結して大使館に訴え出て、それがちゃんと分かってもらえたのは良かったよね。

0/5 (0 Reviews)

コメントを残す

Your email address will not be published.

X