シンガポール 足フェチハラスメント男に有罪判決!


シンガポールイベントカレンダー



男のフェチは止まらない!

7年間で28人もの未成年に性的嫌がらせ行為を行った現在24歳男に有罪判決が下された。

彼が自らのフェチに目覚めたのは14歳のとき。

公園で仲良くなった子供を人気のいない場所に連れていき、自分の陰部を触らせた。

そして、相手の手や足の写真を撮ったのだそうだ。

また、別の男の子の素足を舐めるなどの奇行も。

彼の被害者はたまたま公園などで出会った子供や、同級生、兵役時のルームメイトなど様々。殆どが彼よりも年下の子だった。

精神鑑定の結果、彼は特に13から14歳くらいの男の子の手足に強く興奮することが判明。

保釈中にすら何度も罪を重ねていたため、15年前後の懲役刑を求刑される見込みだ。

相手が強い不快感を感じたらその場所がたとえ陰部でなくともそれは立派なハラスメント行為だね。

自分よりも年下の子達ばかりを狙ってるのも厭らしいね。

0/5 (0 Reviews)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です