シンガポール 4歳娘へのレイプ未遂を容認!

娘のストレスのはけ口はリストカットだった。

裁判の席でマレーシア人37歳男は娘が4歳くらいのときに2回レイプを試みていたことを容認した。

現在13歳の娘は小学校の性教育の授業の際、幼い頃に自分が父親にされた行為が異常なものであったことに気がついたとのこと。

しかし、事実を話すことで友人に避けられたり、両親が離婚して母親が家計を支えなければならなくなるかも、と不安となってしまい何も言えずにいたのだそう。

娘は自分を大いに責め、そのストレスは自身の身体を傷つける行為となって現れてきたそうだ。

腕の怪我を発見した教師がカウンセリングを行ったことがきっかけとなり、事態が明るみになったのだった。

可哀想。父親のエゴとエロのために幼心に取り返しのつかない大きな傷がついてしまったのだね。

誰にも言えずにセルフカットしてしまうなんて、どれほど深く傷ついたことか。

悪いのはすべて父親だから、あまり自分を責めすぎないでほしい。

0/5 (0 Reviews)

コメントを残す

Your email address will not be published.

X