電車内での痴漢行為の摘発は5%。”とても少ない件数”とMHA

3月1日のMinistry of Home Affairs (MHA)の発表によると、ここ3年間のMRTやLTRなどの電車内での痴漢摘発件数は平均71件。毎日300万人の利用者がいるなかでこの数字は”非常に少ない件数”だという。そのため現段階では痴漢警告サインや女性専用車両の導入の必要はない、としている。痴漢行為で摘発された場合、最高2年間の懲役又は罰金又は鞭打ち刑となる。被害者が14歳以下の場合は5年追加される。

うーーーーん、これって氷山の一角のような気がして仕方がないんだけどね。中には言えずに我慢しちゃった人もいるんじゃないかな?日本だと電車内での痴漢の割合はどんな感じなんだろうね?痴漢対策ももちろんあるけれど、女性専用車両はあってもいいんじゃないかな?と思うけどね。

http://www.channelnewsasia.com/news/singapore/5-of-all-of-molestation/2562050.html

コメントを残す

Your email address will not be published.

Previous Story

23歳男、通りがかりの人を殴り殺した罪で16年の懲役刑

Next Story

シンガポール子どもの習い事、コーディングが人気

Latest from シンガポールニュース

シンガポール 不正搾取で若者4人を逮捕!

およそ12000ドルを不正搾取した疑いで15歳から21歳までの若者4人が警察の取り調べを受けている。 11月15日の真夜中、出会い系サイトで知り合った二人の男と会ったと言う被害者から通報があった。 この二人は、交通事故で