ローンを支払えず、店の売上金等を横領したフランチャイズ店主

41歳のフランチャイズ店主がローンを支払えなくなり、店の売上金S$300,000以上を横領したことを認めた。

契約時の自己資本を維持するために借りたローン残高が膨れ上がってしまったため、店の売上金を計上せずに着服し、元締め会社であるCheers Holdings への支払いもしていなかったという。

他にもテレホンカードや駐車クーポンなどの流用も発覚。毎月の利益約S$4,000がCheers Holdings に徴収された。次の出廷は5月の予定。

有罪となれば7年以下の懲役又は罰金もしくは両方が科せられることとなる。

いくら苦しくても売上金を着服するのは良くないよねぇ。他に解決策はなかったのだろうか?ローンが膨れ上がってしまう前に元締めの会社に相談したりすることはできなかったのかな?

相談したとしても冷たくあしらわれただけだったかもしれないけどね。

http://www.tnp.sg/news/singapore-news/unable-pay-loans-cheers-franchisee-steals-300000-own-store

コメントを残す

Your email address will not be published.

Previous Story

Please help to name this baby seal!

Next Story

旅行代理店が突然閉鎖。ライセンスはく奪される

Latest from シンガポールニュース

シンガポール 警察官なりすまし詐欺!

警察官になりすまして詐欺行為! 被害者は警察官だという男から電話を受け、SNSで互いに繋がるようになった。 その際、相手は警察官の身分を証明する書類(偽)を提示してきたのだそう。 そしてそれを使って家族構成や銀行口座番号