シンガポール女性小学校教師、未成年の生徒と性行為

シンガポール女性小学校教師、未成年の生徒と性行為

2012年5月に事件は起きた。当時32歳無職の元小学校教師のその女性は、去年の5月から4回にわたり13歳の男性生徒と性行為およびオーラルセックスを行ったとして、起訴されている。

それら性行為はシンガポール北部のSembawang 公園やChoa Chu Kang,Yishunなどの公団住宅内の非常階段などで行われらたとの事。

また7月には男性生徒に対してオーラルセックスをしている。

彼女の最後の性行為は、彼女の自宅で起きた。夫と子供もいるこの女性は現在、シンガポール㌦ 10,000 (約75万円)で仮釈放されており、被害者の男性生徒には近寄らないよう裁判所より言われている。

有罪となれば最高10年間の禁固刑と罰金が課さられるであろう。

201510200134433645_mn

オーラルセックスのような卑猥行為に対しては最高1万ドルの罰金と5年間の禁固刑に相当する。

以前にも似たような事件が

2011年10月には同様のケースで32歳の元教師が15歳の生徒と性行為を行ったとして1年の禁固刑が下されている。彼女も既婚者であった。

201503300036454237_mn

このうような事件は国に問わず、どこでも有り得る問題です。大事なのは、親である両親がしっかりと子供と常日頃にコミュニケーションをとり、守ってあげる事でしょうね。

Source: ST

 

0/5 (0 Reviews)

コメントを残す

Your email address will not be published.