スマホゲームに夢中で娘の異変に気付ず死亡させた父親!検死法廷の見解は?

昨年10月、生後3か月の女の赤ちゃんが授乳後に意識不明となり死亡する事故が発生。

27歳の父親はこの赤ちゃんに片手で哺乳瓶をくわえさせミルクを与えながらスマホゲームに夢中になっていた。そのため赤ちゃんの異変には全く気が付かなかった。赤ちゃんが死亡する2か月ほど前にも赤ちゃんを誤って地面に落としてしまい、骨を折る重傷を負わせており、退院したばかりだった。

検死法廷はこの事件について赤ちゃんの死は間違いなく父親の無関心と不注意によるところが大きいと言及したものの、今のところ父親が意図的に娘に危害を加えたと言い切ることはできない、との見解だ。

故意にやったことか否かでその後の判決に違いが出てくる、ってことなんだね。故意にやったことではなかったにせよ、親としてあまりにも酷い行為であることには変わりないけどね。かわいそうに、全く不幸な赤ちゃんだったね。

http://news.asiaone.com/news/singapore/baby-died-after-dad-fed-her-while-engrossed-mobile-phone-game

0/5 (0 Reviews)

コメントを残す

Your email address will not be published.

X