シンガポールプロモ情報募集中

シンガポール公開処刑! シンガポール日本人男が女性用トイレに侵入して痴漢行為!

 

View this post on Instagram

 

A post shared by ぐふ♡ (@helloasia) on

シンガポール日本人男が女性用トイレに侵入して痴漢行為!

女性トイレに忍び込み、性的嫌がらせ行為をした29歳日本人男に有罪判決が言い渡された。

シンガポール駐在の倉庫管理業者として働く日本人の男は2017年10月、Raffles Place近くのPekin Street にあるFar East Squareの女性用トイレで手を洗っていた21歳の女性に後ろから近付き、服の中に手を入れて胸を触ったということだ。

驚いた女性は叫び声を上げ、体をすくめたが、男はその場に居続け、もう一度胸を触ろうとしたのだそう。

男は近くにいた別の女性によってトイレから追い出された。

被害を受けた女性は近くにいたセキュリティガードに助けを求め、警察に通報した。

男は現在保釈金1万ドルで出所しているということだ。

11月26日に判決が下される予定。

痴漢行為には2年以下の懲役刑及び罰金刑又は杖刑、不法侵入行為には3か月以下の懲役刑、及び1500ドル以下の罰金刑が下されることとなる。

 

 

女性用トイレにまで忍び込んで痴漢行為だなんて、同じ日本人として恥ずかしいよ。

被害者の女の子がよっぽど好みのタイプだったのかしらね?

いきなり後ろから胸を触られたらかなりのショックを受けるだろうね。

https://www.straitstimes.com/singapore/courts-crime/japanese-warehouse-manager-admits-to-molesting-woman-in-female-toilet

3 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ハロアジトップへ