シンガポール国産豚の食べ方 28話 奉仕(フ〇ラ)の精神

30歳超えても海外ではまだ赤ちゃん

日本しか知らなかったババァが
ヤリマンへ変わる軌跡。

東南アジアは女をビッチにする。

奉仕(フ〇ラ)の精神

私の仕事はサービス業です。

 

学校を卒業してから15年近く。

 

ずーーっと同じ業界で仕事してます。

 

私の生き甲斐は誰かのためになること。誰かが私が行ったことにより幸せになり笑顔になること🤙🏻🌺

 

だから、たとえ身を削っても、友人間では常にお笑い担当になって来たし、残業代出なくても仕事中心で生活して来た。

 

奉仕っていうのは学んでできるものではなくて、

その人の気持ちでできるものだと思う。

 

日本でボランティアが流行らないように、

自分自身が奉仕したい=やりたいと本気で思わないと、それは達成できないものだと思う。

 

だから私はフェラが大好きだ。

 

英語ではblow jobという。こっちに来て知った。

 

喜ばせるのがたまんねぇ

とくに、普段ぐいぐいな男に喘がれるとますますたまんねぇ

 

え?さっきまで偉そうな口叩いてたのに、

喘ぐの?

 

へぇ、喘ぐんだ?

 

舌・歯・上あごetc..口の中のあらゆるものを使って、これでもかというくらい舐めまくる。甘噛みしまくる。

 

これは決してネタではない。

 

この才能を私は誇りに思っている。

 

絶対にいかせるのではなく、

絶対に満足させる。

 

最初は、君のフェラは最高だね、からはじまり、

働いてたことある?

 

うますぎ ←これ、失礼なw?

 

君のフェラが忘れられないよ。

 

また会いたい ←これ、自尊心をくすぐるうまい言葉な。

 

初めは、男なんて女を騙せていると思ってるかもしれないけど、女の方が以外と頭がいいのを知らない。

 

バカなフリしてるだけで、実際は考えて騙されてることを、あいつらは知らない。

 

フェラ上手いねーって言っておけば、またやれると思ってんだろ?バカにすんなよ?

 

やるけどな?

 

でも、多くの人に言われるようになり、だんだんそれが本当に上手いのか?

と思うようになってから、

 

いかに満足させるかを研究するため、流石に生のバナナ🍌を手当たり次第試すわけにはいかないから、

 

ananの特集を読んでそれをバナナ🍌実践したりした。

 

ビッチの名のごとく、数を重ねれば上手くなるし、褒められれば伸びるタイプだし、

結果、全世界共通🌎になった。

 

別れた彼氏との共通の知り合いから、

そういえば昔おまえらが付き合ったばかりの時に男同士の話として元彼から報告されたけど、

 

新しい彼女(私のこと)のフェラ、今まで散々遊んで来たけど人生で一番最高すぎてやばい。

 

って言ってたよ。

 

と報告された時から、疑惑が確信に変わった。

 

まじ、俺、金稼げんじゃね?

 

他のエピソードも読む♡

シンガポール国産豚の食べ方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ハロアジトップへ