シンガポール 深夜のHDBで違法花火!

10月27日夜から28日未明にかけて、Jalan Rajah及びJurong Westで何者かによって違法に花火が打ち上げられるアクシデントが発生。

警察が捜査を行っている。

特にJurong Westでの花火はHDBの建物の間にあるスペースで点火され、その火花は12階の辺りまで達していたのだとか。

幸いけが人はいなかったということだ。

一般の人々による花火の取引はthe Dangerous Fireworks Act により禁止されており、違反した場合には懲役刑又は罰金刑若しくはその両方が科せられることとなる。

続けて二つの場所で打ち上げられるなんて?同じ人の犯行なのだろうか?

花火が打ち上げられた時間が時間なだけに睡眠時間を邪魔された人達がたくさんいただろうね。

たった数人の自己満足のために迷惑を被った人々が一体何人いたのだろう?けが人がいなかったのがせめてもの救いだったね。

In one of the videos, sparks can be seen ricocheting off the walls of a block https://bit.ly/36b5Kye

Stompさんの投稿 2019年10月28日月曜日

コメントを残す

Your email address will not be published.

Previous Story

シンガポール メイドに危険作業をさせた雇用主、現在裁判中!

Next Story

シンガポール 夫婦間に何が!? 妻が夫を殺害!

Latest from シンガポールニュース