ハロアジを代わりに運営しませんか。

シンガポールタイエリートビザ 、タイエリートビザ がお金かかるけど購入できるよ!

シンガポールタイエリートビザ 、タイエリートビザ がお金かかるけど購入できるよ!

シンガポール永住権 ビザ はもう古い!!

シンガポールにいたって何でも高いし、
遊び場はカッページしかないからすぐ飽きる!!
今の時代はシンガポールではない!タイランドだよ!

っと言う人に、良いビザがありますw

シンガポールタイエリートビザ とは。

2008年8月29日にタイ政府観光庁の100%出資のもと、「Thailand Privilege Card Company Limited」という会社を設立しました。

 

このがいわゆるエリートカードを発行し、様々なサービスを提供している運営会社となります。

 

その目的は特別な権利とサービスを会員に提供することによって、ハイエンドの観光客やビジネスマン、投資家、そしてロングステイヤー等からの利益を生成することにあります。

 

タイランド・エリートは移住、レジャー、ビジネス、そしてその他多くの特典を得ることができる世界初となる国家の会員プログラムです。

 

http://www.atagoyama.net/thailand_elite/

シンガポールタイエリートビザ のすごい その1

シンガポールタイエリートカード

シンガポールのEP・ビザの取得・更新が難しくなってきてるよね。

  • 「シンガポール好きなのにビザ取得できない」
  • 海外に住み続けたい」
  • 「日本の税金はあれだから、非居住が必要」

の相談が最近聞くようになったと思う。

そこで一つの案として、「タイランド・エリート」というビザ取得です。

「タイランド エリート」カード (ビザ)は他国のビザと違い、タイエリートカード (ビザ)保有者にクラブメンバーに似たレベルの権利とサービスを提供するからです。

タイ国というクラブを、外人枠向けに会員制にし、会員にカードを発行し、

(1)タイランド入国などの手続きが不要、

(2)空港での出入国の際に専任アシスタントによる特別待遇サービス、

(3)空港と目的地の間で無料送迎サービス、

(4)最長20年間の居住ビザがもらえます。

(5)年24回の名門ゴルフ場、スパ、また健康診断が無料等、特典多数

シンガポールタイエリートビザ のすごい その2

タイエリートカード

お金で買えるビザ(タイ王国政府が発行している正式なビザ)だからです。

タイ政府による審査・入会資格の確認が必要となるが、その資格を満たしてれば、お金でタイ移住(タイ居住者)になれるから。

タイエリートビザ 入会資格について

(1)有罪判決による収監歴なし。

(2)破産宣告を受けてないこと。

(3)パスポートを所持していること。

(4)満20歳以上。

(5)資産要件なし。

特に厳しい条件はなく、タイエリート のカード購入のみで権利が得られます。

タイエリートカードの特権の簡単紹介

Elite Ultimate Privilege (グランドパッケージ)

Elite Easy Access

その他のパッケージを見る。

http://thailandelite.rporter.co.th/

シンガポールタイエリートビザ のすごい その3

国外源泉所得はタイ国内に持ち込まない限り個人所得税課税されない

シンガポールのプライベートバンクで運用されているなど、タイ国外での源泉所得については課税なし。

またタイ国外を源泉所得とする役員報酬や給与も、タイで課税されることはありません。

今まで海外の銀行・プライベートバンク・保険等に入れなかった日本居住の方であっても、このビザを取得することで、タイ居住住所を持てるので、海外のプライベートバンク等に口座を保有することができます。

タイ国居住住所を持てる

タイに住むことができ、タイ居住者になれます。

日本のパスポートであれば、タイでは90日超滞在する場合はイミグレーションに報告が必要です。 タイランドエリートカード保持者の場合はこの90日報告をタイランド・エリート運営会社が代わりに受託してくれます。

そしてタイ国ビザを持ったとしても、タイに居住する必要はありません。

タイ国内銀行口座の開設

タイ居住者であり、タイ国の住所を保持している以上、タイ国内の銀行口座・証券口座といったサービスを全て利用可能です。

タイのローカル銀行であっても、THBだけでなく、外資(USD・JPYなど)口座を開くことができ、外資大手銀行(CitiBankやUOB)のバンコク支店もありますご安心できます。

タイは口座情報自動交換システム(CRS)に参加していません。

タイはCRS(CRS:Common Reporting Standard)に基づく金融口座情報の自動交換システム(AEOI)には参加していません。

CRS制度とは

各国政府間で、お互いの居住者の金融口座に関する情報を、自動的に交換し合う国際間協調制度。

 

この制度ではシステムで自動的に口座情報を取得し合えるようになります。

 

シンガポールはCRSに参加しております。

特別なエリート待遇

シンガポールでのビザ取得・居住住所地・日本税金(相続税など)でお悩みの方、一度タイランド・エリートカード取得をご検討されてはいかがでしょうか。

シンガポールでこのThailand Privilege CardCompany Limitedと正規販売代理店契約を結んでいる日系会社は3社らしく、その一社が「 Asset & Accounting Advisors 社 」です。

タイランド・エリートのカード購入手続きで、Asset &Accounting Advisors Co.,Ltdに対する手数料はゼロ

日本人が対応してくれるため、英語やタイ語の資料を読んでサインするなどの煩わしい手間もなく、タイ国にも支店がありますので、安心です。

シンガポール事務所

会社名: Advisory Service Singapore Pte.Ltd

390 HAVELOCK ROAD #07-03
KING’S CENTRE SINGAPORE (169662)

MD:相川 聡志(日本国公認会計士)
Director:但野 和博

電子メールアド:http://www.advisory-service-singapore.com/contact/form.php?=input
電話番号:+656235-1720
URL: http://www.advisory-service-singapore.com/

タイランド事務所

会社名: Asset & Accounting Advisors Co.,Ltd

24, Prime Building, 12th Floor, Room No.ASukhumvit21 Road (Asoke),
Klongtoey-Nua, Wattana, Bangkok, 10110, Thailand

担当:溝口(マネージャー)

電子メールアド : info@rporter.co.th
電話番号 : +66(0)2-661-7697
URL: http://thailandelite.rporter.co.th

ハロアジ・レビュー
Review Date
Reviewed Item
シンガポールタイエリートビザ
Author Rating
41star1star1star1stargray

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ハロアジトップへ