日本MUJI社、シンガポールIUIGA社を商標権侵害で提訴!

日本のMUJIで知られる小売店Ryohin Keikaku が今年一月、シンガポールのIUIGA社を「シンガポール法の下での商標権の侵害と詐称通用」で裁判所に提訴したということだ。

MUJI側はIUIGA社に対し、IUIGA社の文書内でMUJIの商標名の利用を中止させ、損害賠償を要求する方針だということ。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by @afiqaaa on

IUIGA社のホームページや実店舗にはあたかもMUJI社と同じ製造元の製品を使用しているかのような文言を確認することが出来る。

又、MUJI社はIUIGA社に情報の開示を要求しているということだが、それについては未だ回答が得られていないとの事。

これに対しIUIGA社側は、Webサイトの情報は事実上正確で製造プロセスは合法である。IUIGA社はオリジナルのデザインメーカーと提携しており、そのデザイン権はそのメーカーに帰属する。そして、他のブランドとの提携も自由だ。一つのブランド企業の製品を直接所有しているわけではない、と主張しているとの事だ。

きっとそれぞれの会社にとって事実の受け取り方が違うからこのような行き違いが発生するのだろうね。

でも、あたかも自分のところの製品を使ってます、みたいな言い方されたらいい気分はしないだろうね。

最終的に双方の言い分がどのように受け取られるかは今後の裁判次第なのだろうね。

S’pore’s IUIGA Claims To Use Same Manufacturer As Muji – Now Sued For “Trademark Infringement”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ハロアジトップへ