シンガポール 日本人親子不審死事件の母親はうつ病を患っていた!


シンガポールイベントカレンダー



母親はうつ病を患っており、息子の首を絞めて殺した後、自殺した。

2019年11月14日、Bukit Timahの山林で、41歳の母親と5歳の息子の変死体が発見される事件が発生。二人は日本人だった。

捜査によると、母親は自宅で息子の首を絞めて殺した後、車に乗せて山林まで移動し、そこで車を降りてナイフで自らの胸や首を刺して自殺したようだ。

夫ともう一人の息子にあてた遺書も残されている。

母親は仕事のことや自閉症とADHDを患う息子のことで悩みうつ病を発症。

不眠や脱毛など様々な症状に悩まされ、病院にも通っていたのだという。

事件当日、出張中で留守だった夫が妻と最後に話をしたのは事件の4日ほど前のことだったというが、特に変わった様子はなかったと話しているのだそう。

孤独スパイラルはつらいよね。ましてや異国の地でだもの。もうね、何て言えばいいのか分からないよ。

日本でも有名な俳優さんや女優さんが相次いで自殺する事態が続いてすごくショッキングだったよ。

ネガティブなスパイラルから脱するにはどうすればいいのだろうね。

Source: https://mothership.sg/

シンガポールカウンセリング

シンガポールでカウンセリングやご相談は:

シンガポール カウンセリング 鬱 心理

 

 

0/5 (0 Reviews)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です