【シンガポール戦争】 日本軍シンガポール占領 ちょっとプロパガンダ入ってるけどね!

日本軍シンガポール占領

日本軍シンガポール占領時期のシンガポールでは、第二次世界大戦中の大日本帝国によるシンガポール統治について述べる。

大英帝国による植民地支配がシンガポールの戦い(1942年2月15日)により終了し、代わって日本軍による統治が始まった。

この統治は東南アジア・大英帝国・大日本帝国・シンガポールにとって重要な転換点となり、シンガポールは「昭南島(しょうなんとう)」とその名を改められた。

日本軍シンガポール占領

Source: Wikiより

統治の終焉

1945年8月6日・9日に広島・長崎にB-29爆撃機によって原子爆弾が投下された。

同時期にはソビエト連邦が大日本帝国に対して宣戦布告、満州へ攻め込んだ。ここに日本軍による南方統治は終焉を迎え、連合軍からは兵隊や物資が送られ、捕虜となっていた人々は健康診断を受けた後に故郷へ帰って行った。

同年8月15日、大日本帝国は連合国に降伏し、在シンガポール日本軍も9月12日に市役所(シティホール)にて降伏文書に調印した。これを受けて、パダンでは戦勝記念のパレードが行われた。イギリス王族で東南方の総指揮官・ルイス・マウントバッテンがシンガポールを訪れ、寺内寿一に代わって板垣征四郎から正式に降伏申請を受理した。1946年3月頃までは降伏した日本兵を治安維持部隊として駐留させた。

1945年9月12日、シティホールにて日本軍は降伏文書に調印し、これによってシンガポールは公式に返還された。

Source: Wikiより

日本軍シンガポール占領動画

あわせて読みたい シンガポール神社

マクリッチー貯水池に シンガポール湘南神社!?

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。